この大学を目指せ!コスパ最強の大学ランキングTOP5

大学受験

高校生は志望校の選択基準がつい偏差値至上主義になってしまいがちですが、目指すべきコストパフォーマンスの高い大学というのが存在します。

主に入試科目数と学費をコスト、企業からの評価をパフォーマンスとして考えてみましょう。

学費が低く受験負荷も少なくて、さらに就活などで出口戦略が組みやすい大学を紹介します。

偏差値だけではわからない大学の真の評価

まずは4年間でかかる学費を比較してみます。

  • 国公立大学文系理系:約242万円
  • 私立大学文系:約385万円
  • 私立大学理系:約521万円

私大理系は国公立に比べて2倍以上高い学費となっています。

理系志望で国公立に落ちてしまった場合、私大の高い学費を払わなければならず、大学生活の大半を時間を実験や研究に割く必要があるため、生半可な気持ちで理系を目指すのはオススメしません。

一方で私大文系は私大理系よりも学費が安く、国公立よりも受験科目の負荷も少ないため、総合して低コストの傾向にありますが、学部選択を誤ると就活でのパフォーマンス面で苦戦する可能性が非常に高くなります。

まとめると、試験科目数が少なくて学費が安い大学の中から企業からの評価が高い=就職力が高い学部を選択するという戦略が浮かび上がってきます。

これらを踏まえてコストパフォーマンスの高い大学を紹介していきます。

豊田工業大学工学部

世界一の自動車メーカー・トヨタ自動車が設立した大学です。

就職率はなんと100%で、トヨタグループをはじめ国内の名だたるメーカーに就職しており、私立大学でありながら学費も国公立並に安く、格安寮も完備しています。

B方式では英語、数学(1A2B)、理科(物理・化学のうち一つ選択)の3教科によるセンター試験で受験できるため理系では圧倒的に負荷が少なくなっています。

理系の中では群を抜いて試験科目数は少ないですが、その分80%以上の高得点が必要となるため、きちんと基礎を固めて十分にセンター対策をしてください。

豊田工業大学以外の大学は、一般的に理系はコストに見合ったパフォーマンスになる傾向が強く、相応の努力が必要になるので、高校生のうちから自発的に大学の範囲まで学習してしまうほど理系科目が大好きで、基本的には国公立を目標にして、多教科受験できるという覚悟をもって目指すことをおすすめします。

東京理科大学経営学部

東京理科大学は理系単科大として企業から非常に高い評価を受けています。

経営学部は理科大唯一の文系学部でありながら就職率は理系学部と遜色ないレベルで、経営学部系では日本一の就職率を誇っています。

学費は他の私大文系と同水準で私大理系よりも安く、試験科目も英語、数学(1A2B)、現代文(古文漢文不要)で受験できるので、国公立よりも格段に負荷が少ないためコスパの良い大学です。

小樽商科大学商学部(夜間主コース)

北海道にあることもあり、あまり全国の受験生には知られていませんが、多数の経済人を輩出してきた伝統ある名門校で、企業からの評価も高い国立大学です。

特に夜間コースは国公立昼間コースの学費の半額で、もちろん4年間での卒業も可能です。しかも60単位まで昼間の授業も受けられます。

さらに卒業証書や成績証明書などで昼夜コースが区別されることがなく、就職率も昼間コースとなんら遜色はありません。

試験科目は、センター試験が英語、数学(1A2B)、国語の3科目のみで、二次試験が英語のみと国立大学としては相当な軽量入試で、トップクラスのコストパフォーマンスを誇っています。

 慶應義塾大学経済学部

難易度は私大最難関のひとつではありますが、試験科目が英語、数学(1A2B)、小論文の軽量入試です。小論文の対策コストは低く、一科目分にも及ばないため、実質2科目といえます。

それでいて慶應の中でも看板学部の一つで就職率や企業からの評価は国内トップクラス。

また、強力なOB組織「三田会」を擁しており、社長・役員の輩出数でも圧倒する日本の経済界を担う人脈力も健在です。

日本で最古の歴史を持つ慶應は、財界で日本一の大学と言っても過言ではありません。

東京大学文科二類

日本最高学府の東京大学。文科二類は主に経済学部に進学するコースです。

理系と比べて入試対策にかかる負担は軽く、文一に比べて合格最低点が低いため、東大入試の中でも低コストと言えます。

理系は数Ⅲまであり、理科二科目の対策にも時間がかかるので、先取り学習ができる中高一貫校がどうしても有利になってしまいますが、文系であれば高三の夏休み前までに英数をしっかり固めておけば、国地歴は夏以降の対策で十分に合格ラインに乗せることが可能です。

パフォーマンス面では、商社やメーカーなど国内の大手企業は元より、外資系金融や外資系戦略コンサルなど人気就職先にも多くの経済学部生が内定を獲得しています。

東大文系でのヒエラルキーは主に文一から進学する法学部がトップでしたが、ここ最近は逆転していると言われているほどです。

複数科目受験が必要だとしてもお釣りがくるくらいのパフォーマンスを発揮できる日本一のネームバリューを誇る大学なので、いま高校二年生であれば現役合格も十分間に合うため、ぜひ第一志望にして目指してみてください。

高校からはじめるキャリアプラン

ここまでコストパフォーマンスの高い大学をランキングしていきましたが、本来、大学は研究機関です。

しかし実際に大学を卒業して研究者になるのは1.1%ほどと言われています。

結局99%の学生がビジネスの世界へ進むことになるわけです。

多く大学が就職予備校と言われているのもよくわかるのではないでしょうか。

そう考えた時に、ビジネスの世界に進むことを想定したキャリアプランをあらためて考えておく必要があるとも言えます。

高校生からでも将来のことを考えるのは全然遅くはありません。

むしろ今のうちからどういったキャリアのロードマップがあるのか、おぼろげながらでもいいので考えておくべきだと思います。

ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

元外資系マーケターのちょっとズルい令和のキャリアプラン
大学を卒業し、大手企業に就職して、結婚後にマイホームを購入、定年まで勤め上げて老後は年金生活、というこれまでのロールモデルはとっくに崩壊してしまいました。終身雇用が約束されなくなり、長く働いたところでほとんど昇給は見込めず、正社員のリストラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました